blog

「投資信託はこうして買いなさい」中野 晴啓 著

先日、こちらの本を拝読させていただきました。
私の場合は、投資信託はSBI証券で積み立て購入をしていたのですが、
あらためてこういった本で紹介している銘柄が、本当に買って良いものかどうか。。。

わたしの場合は勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」の本に影響され、
その中で紹介されている買い方の「モダンポートフォリオ理論」という買い方で運用をしており、
(ざっくり簡単に説明すると、国内「株式」「債権」、海外の「株式」「債権」の4つのタイプの銘柄を同等の金額で積み立て購入していくということ。)
10年前に投資をやり、その後資金欠如にて、ストップはしていたものの、
+になっていたので、間違いはなかったようです。
投資信託はそもそも2〜3年ぐらいの見通しでは結果はマイナスになっているケースもあり、
10年〜単位で行わないと意味がないものらしいのです。

先日ファイナンシャルプランナーからの指南で、
購入する際に注意する点としては、
プロが購入を代理で行っており、その信託報酬の%が低いところで購入すべきというこををおっしゃていたので
こちらに掲載しているファンドがどのような%かをしらべてみることにした。

・セゾン バンガード グローバルバランスファンド
SBIには無し、検索ででてきた信託報酬の数値
信託報酬(年0.68%±0.03%)
信託財産留保額(0.1%)

・SMT グローバル株式インデックス・オープン
信託報酬(年0.54%)
信託財産留保額(0.05%)

・eMAXIS 先進国株式インデックス
信託報酬(年0.648%以内)
信託財産留保額(なし)

・セゾン資産形成の達人ファンド
SBIには無し、
信託報酬(年1.35%±0.2%)
信託財産留保額(0.1%)

・SBI資産設計オープン(資産成長型)
信託報酬(年0.7344%)
信託財産留保額(0.15%)

・世界経済インデックスファンド
信託報酬(年0.54%)
信託財産留保額(0.1%)

・ありがとうファンド
SBIには無し、検索ででてきた信託報酬の数値
ファンドの純資産総額に年0.972%(税抜年0.9%)の率を乗じて得た額
と書いてますがよくわからないですね。
信託財産留保額(なし)

・ユニオンファンド
SBIには無し、検索ででてきた信託報酬の数値
信託報酬(年1.90%±0.3%)
信託財産留保額(なし)

・楽天資産形成ファンド
SBIには無し、検索ででてきた信託報酬の数値
信託報酬(0.50%)
信託財産留保額(なし)

という感じでした、
一概に、信託報酬と、信託財産留保額の数値で決めるのはどうかと思いますが、
参考程度に考えるとよいかもですね。

参考にしたサイト

http://noload.558110.info/

http://www.morningstar.co.jp/

ピックアップ記事

  1. あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ
  2. 金持ち父さん貧乏父さん
  3. 不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ
  4. 起業・副業の教科書: ゼロから年収1000万を実現する7つの習慣
  5. 「成功は1日で捨て去れ」柳生 正 著

関連記事

  1. blog

    起業・副業の教科書: ゼロから年収1000万を実現する7つの習慣

    起業・副業の教科書: ゼロから年収1000万を実現する7つの習慣 Ki…

  2. blog

    宇宙全史 20年後…

    気になっていた本がやっと読めた。シリーズの中では手頃な値段で売って…

  3. blog

    男が働かない、いいじゃないか!

    先日読み終えた本男性学という研究があり、その内容をわかりやすく…

  4. blog

    キングコング西野さんの本。

    世間で騒がれている頃でも民法のテレビをほとんどみなくなったせいもあり…

  5. blog

    世界一ふざけた夢の叶え方 単行本

    世界一ふざけた夢の叶え方ひすい こたろう (著), 菅野 一勢 (…

  6. 書評

    頭のよい子の親がしている28の習慣

    苫米地さんの本を最近はよく読むようになりました。こちらの本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. blog

    夢が勝手にかなう「気功」洗脳術
  2. blog

    kindleunlimitedで読んだ「サラリーマンが副業ブログで35万円稼ぐま…
  3. blog

    目を良くするための方法
  4. blog

    クビでも年収1億円
  5. blog

    読んだら忘れない読書術
PAGE TOP