blog

目を良くするための方法

目は1分でよくなる! あなたの目がよみがえる7つの視力回復法

タイトルがやや、極端なタイトルなので、

拒否反応をしてしまう人もいるかもしれません。

世界中で一番、日本人は目が悪い人が多いらしいです、

著者いわく、目の悪いことは遺伝ではないと言います。

視力の低下の一番の原因は、血液の血行の不良が原因で目に栄養がいかなくなって

悪くなっていくんだと。

視力の低下は、目の疲れだけが原因ではなく

体全体の健康に関わるともいっており、肝臓が悪い人は、血液にちゃんとした栄養がいかなくなり、目にも栄養がいかなくなって視力の低下を招く。

同時に、疲労している箇所、たとえば、腰痛や肩こりなども引き起こすとのこと。。。体の健康のバランスによって視力の低下してしまうのは理にかなっているかもしれません。

そして、極論を言うと「目の最大の栄養は酸素」なんだと!

現代の日本人はアスリート以外の人は、ちゃんとした呼吸をしていないのだと、

なので、しっかりと呼吸をして、酸素を体にとりこむことが大切といこと。

 

それで、

「今野式」目のトレーニング方法は7つあります。
1.タッピング法(細かくたたく簡単なマッサージ)

2.シェイク法(軽くおさえて小刻みにゆらすマッサージ)

3.さすり法(さするまっさーじマッサージ)

4.指圧法(ツボを押すマッサージ)

5.呼吸法(いわゆる普通の呼吸法です)

6.確認法(目でみて鍛える方法)

7.瞑想法(イメージトレーニング)

 

簡単に言うと上記の方法を毎日行うことで

視力がアップしていく!!!

 

ほかには、「深呼吸」と「ジャンプ」をつづけることで視力回復、

ひいては健康を維持できるとのこと。

「ペットボトル呼吸法」ペットボトルに小さな穴をあけて、息をふく!

これで、肺活量をきたえられそうです。

 

あとは、

「内臓に汗をかく」方法というものがあり、

蠕動運動(消化管などの臓器の収縮運動)がきちんとおこなわれないと自立神経のバランスがくずれる。そして、血流障害をおこして全身が酸素不足になる。

それを解消するのが「ジャンプ」だそうです。

単にジャンプっていってもよくわからないのでダンスとかがよいとのこと。

 

これらを本当に実践していかれれば、

視力アップというよりもまったくもって

健康的な生活がおくれそうです。

 

下記のサイトで、タッピングやマッサージの方法が、詳しく掲載されてます。

自宅で簡単にできる視力回復法まとめ

 

 

日本リバース
http://roppo.co.jp/

 

日本橋茅場町の難聴施術 緑内障 視力回復専門整体
日本リバース(難聴・緑内障・視力回復専門)
http://reverse.jisseki.net/

 

ピックアップ記事

  1. 「さだじぃ」たてつづけに3冊購入してみた。
  2. kindleunlimitedで読んだ「サラリーマンが副業ブログで35万円稼ぐま…
  3. 100歳まで元気でぽっくり逝ける眠り方
  4. 中村天風の教え
  5. 新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか 単行本

関連記事

  1. blog

    「自分発振」で願いをかなえる方法 村松大輔

    こちらの本を先日購入して読んでみました。こちらの本は、旧友の進…

  2. blog

    心身のエナジーを上げる秘伝 龍汰アカデミア

    先日読んだkindle unlimited本「心身のエナジーを…

  3. blog

    キングコング西野さんの本。

    世間で騒がれている頃でも民法のテレビをほとんどみなくなったせいもあり…

  4. blog

    苫米地さんの本

    最近、苫米地英人さんの本を何冊も買って、よみあさってます。…

  5. blog

    不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ

    不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ …

  6. blog

    ぷるぷる気功

    張永祥さんていう方の本を2冊買いました。最近、気功に興味がでて、さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. blog

    「死ぬまで歩くにはスクワットをすればいい」
  2. blog

    読んだら忘れない読書術
  3. blog

    お金2.0という本を読んだ。
  4. blog

    タバコはやめないほうがいい
  5. blog

    ブログが続かない!と思った時に読む本 Kindle版
PAGE TOP